−menu−
home

ー佐久穂の古老が語る故郷への熱い念いー

佐久穂風土記

     友 野 政 幸 著

A5判 並製本 93頁 定価1,080円(税込)
 人々は古代よりこの地、佐久穂に住み着き、様々な苦労を重ねながらも懸命に生きぬいて来た。私たちは今、新たな「ふるさと創成」の時代を迎えている。この故郷、佐久穂をより住みよい町にするために、先ずはその席に着いてみよう。『来を知らんと欲する者は往を察せよ』。未来のことを知りたいと臨む者は、過去のことを正確に調べ、それを基礎にして判断をしなさい。ということわざである。将来を予測する場合に、過去のことを調べると役に立つことが多くあるのではないだろうか。

ー子どもに語りつぐ信濃の昔話と伝説ー

むかしあったとさ

     佐久昔ばなし大学再話研究会 編著

A5判 上製本 143頁 定価1,080円(税込)
「でえらぼっち」「牛に引かれて善光寺まいり」「望月の駒」その他、佐久地方を中心に信濃の昔話32編を集録。昔話は、口伝えで語り継がれてきました。語り継ぐ文化を伝承したいという思いから、話し言葉の文芸を文字にするのは馴染まないところもありますが、お話が忘れられてしまわないように本にしました。声に出して読み、大人が語って、信州に暮らす人々がどのような昔話と伝説を語り継いできたのか。そして現代の私たちにどのようなメッセージを伝えようとしているのか。
電子メールでのご注文はこちらへ
e-mail : ichiicom@blk.mmtr.or.jp